青坂一寛の糖尿病改善5ミニッツの購入はこちら

青坂一寛先生の糖尿病改善5ミニッツってどんな方法で糖尿病改善するの?ここを見ればわかります。

糖尿病を改善する過程で血行、自律神経のバランス改善

糖尿病でお悩みの方

青坂一寛さんの糖尿病改善5ミニッツで糖尿病改善しませんか!

青坂式糖尿病改善プログラムはこちら

正しく糖尿病改善しましょう

f:id:a0r55px3:20180407140321p:plain

私が投薬での糖尿病治療をかたくなに断った理由。

それは「薬では糖尿病を治癒することはできない」からです。

一般的な糖尿病治療では
「血糖降下薬」が処方されます。

さらに、「インスリン注射」を打って
直接体内にインスリンを補う方法もあります。


しかし、
これらの薬は強力なので、飲むと、副作用が心配です。
私の周りでも、それに苦しんでいる人は少なくありません。

ひどい場合は、死亡率50%ともいわれる
乳酸アシドースという深刻な症状に陥ったり、
最悪の場合は、死に至ることもあります。

実際、厚生労働省も糖尿病治療薬の使用には
注意喚起を行っています。


そんな副作用の中でも
もっとも怖いものの一つが「低血糖症」です。
 

低血糖症」は、
薬によって血糖値が下がりすぎてしまう症状です。

昏睡状態、さらには死に至ることもある
大変危険な症状で、しかも多くの糖尿病患者が
これに苦しんでいます。

常に低血糖症の危険におびえながら生きる人生。

これが正常といえるでしょうか。

しかも、血糖降下薬は
血糖値を「一時的に下げる薬」であって、
「糖尿病を治す薬」ではありません。

命の危険を覚悟で服用しても、
たとえ10年飲み続けても、
この薬で、糖尿病が改善されることはないのです。


血糖降下薬だけではありません。


残念ながら、糖尿病を治癒する薬は、
現代医学には存在しません。

つまり、

病院で糖尿病と診断され、薬が処方されても、
それは症状を抑えるためのもので
根本的な治療を目的としたものではないのです。

しかも、この薬は一生、
飲み続けなければなりません。

飲まなくなった途端、
血糖値が上がってしまいます。

早い話が、
一生、薬でごまかし続けている状態なのです。

さらに、薬を飲み続けることで
膵臓をはじめとする内蔵にも大きなダメージを受けてしまいます。

そうなると、さらに
糖尿病が悪化してしまいます。


極端な言い方かもしれませんが

薬を使用することで、
糖尿病はどんどん深刻になっていきます。

その悪循環に陥ったが最後、

「普通の生活」は、
あなたの前からどんどんと遠ざかってしまうので

f:id:a0r55px3:20180407140503p:plain

数ある病の中でも、
糖尿病は自覚症状に乏しい病気の一つです。


高血糖な状態が体の中で続くと、

●のどの渇き・多飲 ●慢性的な倦怠感、疲労感 ●食事をとっているのに、痩せてくる。

などの不調があらわれ始めます。
そしてその後、血管が硬くなってしまい、
動脈硬化に発展してしまうのです。

動脈硬化になれば、
高血圧や高脂血症という症状の
発症率も格段に上がってしまいます。

そして、
高血圧や高脂血症の先に待っているのは、

脳梗塞や脳血管障害。

糖尿病がまねく、恐ろしい合併症です。


また、糖尿病の影響は
目にも現れます。

実は、
失明の原因の第一位は糖尿病です。

脳梗塞による麻痺や眼底破裂によって
失明してしまうケースは、決して珍しいものではありません。

さらに、合併症は手足にもあらわれます。

栄養や酸素が足先にまで行き渡らず、
足が腐ってしまい、最悪の場合は切断を余儀なくされる
ケースもあります。

他にも、ひどい神経痛や筋肉痛、
立ちくらみ、動悸、排尿障害なども
糖尿病が引き金になっておこる合併症です。


糖尿病は恐ろしい病気です。

そのくせ、自覚症状もなく、
患者数も多いことから

「糖尿病なんて、よくある病気」

と軽く考えて、
適当に放置してしっている人も多いようです。


言うまでもなく、
こういう考えは間違っています。

糖尿病は自然に治ることは、ほとんどありません。
しかも、放っておけば悪化し、
命にも関わる合併症のリスクも高くなります。


糖尿病の治療や改善も他の病気と同じで、
早期発見・早期治療が最大の特効薬です。

自覚症状に乏しいとはいえ、
症状が出た時点から治療を開始するようでは
コントロールするまでにとても時間がかかってしまいます。

ですから、

できるだけ早く、
そして正しい方法で改善していく必要があるのです。

 

正しい方法《青坂一寛の糖尿病改善5ミニッツ》で糖尿病を改善しませんか!

糖尿病改善5ミニッツ公式サイトはこちら